HAMAYASU SOUKE SITE

濱保家の由来

濱保家の歴史

 

濱保家の由来は明治29年以前の旧濱保家とそれ以降の新濱保家に分かれる。新濱保家の祖先は松村家であり旧濱保家ではない。九世紀に菅原道真公に仕えた祖先松村家が菅公の太宰府配流に随伴し京を発ち淀川を下る舟に乗り瀬戸内を西に向かう途中に下船し備後福山の松永在に居住したが天保年間に戸主松村安兵衛は石見銀山街道の商業要衝の地であった備後国府の府中に移転し芦品郡出口町に居住する。安政元年に生を受けた長男松村政太郎は二男三女を儲けたが明治29年次男栄三郎は父の後妻方の芦品郡府中町濱保家に養子として入籍して新濱保家戸主となる。松村政太郎長男竹次郎は屯田兵として北海道に赴任し後に北広島市に材木商として財を成す。濱保家当主となった栄三郎は頼山陽門下の学者に漢籍を学び地元で生業として屋号東屋にて果実卸業、清涼飲料水製造卸業、柿の渋抜き、五右衛門風呂のプレキャスト製造販売、自家製アイスクリーム製造販売業等多彩な事業を営んだ。 昭和期に戸主栄三郎は知人の連帯保証に協力した為に破産し家計は困窮したが学業優等であった長男宇一は地元の篤志家の援助で尾道商業に進んで戦時徴集されたが陸軍の試験に合格して通信兵となり復員後は故郷篤志家の勧めで大阪の三木産業㈱に入社し後に備後福山の小川福松長女美恵子と婚姻して大阪市田辺に居住し大阪濱保家当主となりその後に堺市東区南野田に新居を構え転居、阿波藩三木家家門企業三木産業の営業部長重役として勤め人としての最高位に上り詰めたが平成19年永眠。子が居なかった為に後継には堺市に居住する実弟光男三男濱保壽之が養子入籍して北野田濱保宗家を相続する。栄三郎次男光男は実家が破産して家計の困窮時ではあったが家族全員の結束した支援により地元府中中学校を優等の成績にて五年の課程を四修の飛び級で旧制広島高校に進学し旧制九州帝大工学部応用化学科を卒業後に大阪市都島に光華化学㈱を設立し商業の大都大阪で事業に進出、長兄宇一の縁で三木産業の重役であり大阪商大(現大阪市大)を卒業したインテリで歴史伝統ある自由都市堺の商家である稲本榮治の次女好子(大阪府立女子専門学校専科~現大阪公立大学卒)と婚姻して稲本家敷地内に居住し堺濱保家当主となるが昭和40年妻好子が満39歳にて永眠。まだ小学生であった末子壽之を残して逝くのは心残りで無念であった。光男はその後九大人脈の友人の仲介で昭和46年に延岡の旭化成の役員室に勤務する有竹小枝四女有竹黎子と再婚したが光男は故郷に錦を飾る志半ばにして昭和48年満51歳にて永眠。その翌年に次男光男の死に落胆した祖父栄三郎と祖母アキが永眠し濱保宗家は大阪の嫡男濱保宇一が承継する。光男の逝去後に後妻黎子は長男英樹を出産したがその後平成3年4月に病気にて永眠、英樹はその1年前に延岡の有竹家に転出し母の姉妹の支援を受けて育ち、現在は京都大学大学院医学研究科法医学講座の客員研究員。光男長男泰介は堺濱保家を承継し伯父宇一の援助により父光男の事業を清算後に横浜生協に就職して転居し横浜濱保家を成し、光男次男晃夫は村田製作所在職中に配偶者の故郷新潟に転居して新潟濱保家を成す。栄三郎長女元子は次兄光男の大学時代の学友高田荘平に嫁し神戸市灘に居住するが令和2年永眠。栄三郎次女和子は平成4年和子入婿剛が永眠し頼りの伴侶を早く亡くした。和子はその後府中濱保家の祭祀を行わなかったが長く父母の生活を支えてきたことにより栄三郎の家建物を相続した。和子は長女知子と次女順子とも嫁に出したために府中濱保家を継ぐ者が居らず断絶し和子は令和4年永眠。元来和子は姉元子のように他家に嫁入りすることを望んでいたが自分の娘の代でその望みを叶えた。次男光男の長男泰介は府中濱保宗家の相続と家門の承継の手立てに就いて神戸高田家に嫁いだ長女の元子と何度か相談するも他家に嫁した元子には濱保家に残った妹和子への説得は出来なかった。代わって祖先松村家及び府中濱保宗家の祭祀はその後に栄三郎嫡男宇一に養子入籍した相続人の濱保壽之が司ることとなり大阪濱保家当主となる。府中濱保宗家、北野田濱保家、堺濱保家の建物は何れも後継者或いは所有者によって取り壊されており当時の姿を忍ぶことは出来ないが府中川原町の屋敷は石州街道の交易で財を成した資産家の風格ある建物を光男名義で譲り受けたものであったし北野田の建物は濱保宇一が施主となり弟の光男が設計や良い材木の選定を手伝い大工の仕事を見るために何度も現場に通いながら竣工し府中より大阪に進出して初めて築いた濱保家の居城であった。稲本家敷地内の建物に居住した濱保光男は稲本家より借り受けた建物を大幅に改修して新婚の住居とした。稲本家から娘好子への土地相続はその住居でなく敷地北側の30平米の土地のみでそこは毛糸屋の貸し家で住めなかったので光男は稲本好子と婚姻する際に早い時期の新居建設と転居を約束していたが最後までその約束を果たすことなく永眠したが光男の新居建築にかける想いが北野田の建物の中に込められていた。稲本家の家作に居住していた家族は母好子の死去により長男泰介は高校一年生時に北野田の宇一夫婦を頼って生活の庇護を受けるため転出。次男晃夫は中学・高校時代は母方の稲本家の食事支援を受けていたが滋賀大学入学後は転出した。その後父光男の死後は三人兄弟とも父の残した遺産はほとんど後添黎子と異母弟の英樹に譲ったこともありそれぞれ苦学して大学を卒業。3人兄弟の生家であった稲本家の居宅に残ったのは父光男と三男壽之のみとなり家族の中心である母の死去によって家族は離散の途を辿った。 光男は有竹黎子を後妻に迎える際に稲本家居宅を明け渡し近くの宿屋町東三丁の貸家に三男壽之と共に転居したが壽之は継母とは養子縁組関係になく継母も新婚生活のために嫁いで来たので前妻の息子を世話する動機に欠けた事情もあり壽之の生活は困窮し大学卒業後早々に結婚して転出。光男は後妻黎子の腹に新たな命を宿したがその赤子の誕生を見ることなく婚姻後わずか二年半に満たず肝硬変の病で非業の永眠。元々三人の息子は父の再婚に至る経過については全く知らされないまま父の再婚を知ったが何より父の幸せを願ってそれぞれ自立して生きることを選択した。後妻黎子と先妻の三人の子供は養子縁組していないために後妻親子の生活の援助に手を差し伸べなかったが、継母黎子は平成3年4月に堺市で長男英樹の成人と成功を見ることなく非業の病にて逝去し、一人残された英樹はその1年前に母親の病のために延岡に転出していたが今日に至るまで異母兄弟間の交流が途絶えたことはその原因は父親である光男の早い死にあるとは言え誠に遺憾である。光男三男壽之は錦之町東二丁の母好子から相続した土地を令和3年稲本家の希望で売り戻したので堺濱保家は断絶したが、現在、横浜、新潟、大阪北野田(府中宗家を相続)及び宮崎延岡で濱保家は承継されて現代に至る。

濱保家の出自

菅原道真公


菅公配流船(北野天神縁起絵巻)


菅公太宰府配流経路(推定図)


備後国府跡(備後府中)


備後国府跡(国指定史跡)

金龍寺東地区

 

ツジ地区 


府中市歴史民俗資料館


備後 国府史跡(備後府中)


備後国府出土品(備後府中)

銅印

賀友私印

古代の印は全国で300に満たないほど貴重なものです。


腰帯具

正装具

国府の役人が身につけていたであろうベルトの飾りが出土しています。


奈良三彩小壺

中に鉛ガラスのビーズが54個入っていました。重要な施設を建てる際の地鎮具と考えられます。



広島県府中駅(JR福塩線)


濱保宗家跡(府中本町の商家は都市計画で西町に移転)

松村政太郎が所有し松村家の財力を培った土地屋敷であったが次男栄三郎が濱保家に入籍したために売却譲渡する形で濱保栄三郎が相続取得して長く濱保宗家の経済力を培ってきたが都市計画道路により昭和49年に西町の不動産と交換売買された


西町の東屋跡(自家製アイスクリームの製造販売)

昭和51年に下本町より移転して自家製アイスクリームの製造販売業を屋号東屋を継続して営んだがその前の昭和49年栄三郎逝去により次女濱保和子が相続しその後令和4年和子の逝去により和子次女馬屋原順子が相続し府中濱保家は断絶した


濱保宗家屋敷(川原町)

石州街道沿いに建つ濱保宗家の由緒格式ある屋敷邸宅だったが次男の光男名義が栄三郎逝去により次女和子名義となった後に建物が取り壊されて和子次女順子が新築住宅を建築し令和4年和子逝去にて他家に嫁した次女順子が相続し府中濱保家は断絶

川原町の屋敷前・稲本家祖母

 

屋敷の二階客間・稲本家祖母